授業メモ

異例のリハビリテーション診療報酬改定(2007年)

異例の診療報酬改定が2007年に実施された。その内容は大きく分けると、以下の3点となる。 疾患別リハビリテーション医学管理料導入 疾患別リハビリテーション料逓減制導入 レセプト審査強化 このうち、レセプト審査強化については、以前、レセプト審査強化の…

リハビリテーション医療の打ち切り制度撤廃運動(2006年)

2006年4月8日、朝日新聞「私の視点」に、多田富雄先生の訴え診療報酬改定 リハビリ中止は死の宣告が掲載された。疾患別リハビリテーション料算定日数上限設定に対し、その非人間性を痛切に批判した内容だった。 リハビリテーション診療報酬改定を考える会(…

激震3−診療報酬改定、療養病床入院基本料の見直し(2006年)

2006年度診療報酬改定で療養病床入院基本料が見直された。入院患者の状態を医療区分とADL区分で評価し、診療報酬が設定された。 その後の法改定で、介護保険の療養病床は2011年度末に全廃されることが決まった。また、医療保険療養病床も医療需要度が高い患…

激震3−診療報酬改定、疾患別リハビリテーション料の導入と算定日数上限設定(2006年)

2006年度診療報酬改定は、リハビリテーション関係者にとって衝撃的なものだった。主な内容を列記する。# 疾患別リハビリテーション料の導入と算定日数上限設定 * これまでの体系を見直し、新たに疾患特性を加味した下記の4体系とする。 脳血管疾患リハビリ…

激震2−障害者自立支援法施行(2006年)

社会福祉基礎構造改革の一環として、2003年4月より障害者福祉サービス利用の仕組みがそれまでの措置制度から障害者支援費制度に変わった。 障害者支援費制度では、市町村の調査に基づき、利用者負担額が決定された。その上で、利用者はサービス事業者と契約…

激震1−介護保険見直し(2006年)

2006年度、以下の3つの改定が同時に施行され、日本中に激震が走った。 介護保険見直し 障害者自立支援法施行 診療報酬改定 【介護保険見直し】 2005年6月、介護保険法改定に関する法律が成立した。施設給付の見直しは、2005年10月より、その他は2006年4月よ…

日本におけるリハビリテーションの歴史的経過(2000年〜2004年)

引き続き、高齢者リハビリテーション研究会「高齢者リハビリテーションのあるべき方向」(2004年1月)にある「高齢者リハビリテーションの現状」の部分を土台に、2000年以降の歴史的経過を振り返る。引用部分は「高齢者リハビリテーションのあるべき方向」の…

日本におけるリハビリテーションの歴史的経過(1999年まで)

第二次世界大戦までの経過については、本ブログエントリー日本におけるリハビリテーションの歩み、書評「シリーズ福祉に生きる8 高木憲次」をご参考にしていただきたい。 高齢者リハビリテーション研究会「高齢者リハビリテーションのあるべき方向」にある…

リハビリテーションという言葉の由来

リハビリテーションrehabilitationの動詞形rehabilitateには次のような意味がある。 【他動詞】 社会復帰させる 更生させる 名誉を回復させる 〜を復権、復職させる 熟語rehabilitate oneselfは、「〜の名誉を回復する」という意味になる。 一方、名詞形のre…

リハビリテーション医療の歴史的経過

日本のリハビリテーション医療の現状を把握するために、歴史的経過を振り返る。下記のような章立てで記述する。 リハビリテーションという言葉の由来 わが国におけるリハビリテーション医学の歴史 激動の時代(2000年以降) 2008年度診療報酬改定のもたらす…

日本におけるリハビリテーションの歩み

シリーズ福祉に生きる8 高木憲次高木憲次 (シリーズ 福祉に生きる)作者: 村田茂,一番ヶ瀬康子,津曲裕次出版社/メーカー: 大空社発売日: 1998/11メディア: 単行本 クリック: 14回この商品を含むブログ (1件) を見る わが国の障害者福祉、とくに肢体不自由児…

オシム前監督のリハビリテーション順調!

一昨日配信されたニュース<オシム前監督>自力歩行まで回復…川淵会長「速くて驚く」を引用する。 <オシム前監督>自力歩行まで回復…川淵会長「速くて驚く」 1月23日19時21分配信 毎日新聞 日本サッカー協会の川淵三郎会長は23日、リハビリ中の前日本代表…

長嶋茂雄氏とオシム元監督

オシム元サッカー日本代表監督は、どのようなリハビリテーションを受けているのだろう。長嶋茂雄氏と同じ病院に入院していると噂されているので、多分次のような状況だと予想している。 * リハビリテーション専門学校の講義資料より(2004年、長嶋茂雄氏が…