医療

無料低額診療施設の増加

http://www.asahi.com/articles/ASGCM4Q80GCMULFA01B.htmlという記事で、無料低額診療制度が取り上げられていた。【関連エントリー】 ホームレスの自立の支援等に関する基本方針と無料低額診療(2009年3月8日) 病気になっても治療代が払えず、病院窓口で払…

医療機能分化の促進と専門医制度改革

現在、医療の将来像を決定づける2つの重要な制度改革が進められている。医療機能の分化促進と、専門医制度改革である。 中央社会保険医療協議会 総会(第261回) 議事次第の資料、入院医療(その5)【続き】総−2(PDF:6,469KB)の7ページに、下図が示さ…

社会保障と税の一体改革に向けた「法制上の措置」を閣議決定

「社会保障制度改革推進法第4条の規定に基づく「法制上の措置」の骨子について」が閣議決定された。【関連エントリー】 社会保障制度改革国民会議報告書の各論部分が明らかに(2013年8月4日) 社会保障と税の一体改革に、「社会保障制度改革推進法第4条の…

社会保障制度改革国民会議報告書の各論部分が明らかに

政府の社会保障制度改革国民会議報告書の各論部分がまとまった。本報告書の提言を受け、秋の臨時国会に社会保障制度改革法案が提案される予定となっている。 政府の社会保障制度改革国民会議(会長・清家篤慶応義塾長)は二日、報告書案の各論部分を大筋で了…

国保窓口負担などの減免措置、宮城では打ち切り、岩手では継続

東日本大震災被災者に対する国民健康保険、後期高齢者医療制度、介護保険利用料の減免措置は、宮城県では打ち切り、岩手県では継続となった。【関連エントリー】 東日本大震災被災者窓口負担免除、来年3月末まで延長へ(2012年9月18日) 宮城県では、他の被…

腰痛症は国民病

http://www.asahi.com/tech_science/update/0323/TKY201303230226.htmlという記事が、本日の一面トップを飾っていた。本記事の内容は大きく2つに部分に分かれている。 1.腰痛患者の推定値 厚労省研究班(主任研究員=吉村典子・東大病院特任准教授)の調…

腰痛症ガイドラインに関する記事

腰痛症ガイドラインに関する記事が昨日あった。 日本整形外科学会と日本腰痛学会は30日までに、腰痛の発症や慢性化には心理的なストレスが関与しており、画像検査などでも原因が特定できない腰痛が大半を占めるとの診療ガイドライン(指針)をまとめた。 (…

当院事務長がアルコールを飲めない理由

当院事務長は、アルコールを全く飲めない。起工式でもお神酒をなめただけで、顔が真っ赤になってしまった。この原因に関しては、筑波大の原田勝二先生が明らかにしている。 http://homepage1.nifty.com/koutarou/insyuidenshi.htmlと酒の強さは遺伝子で決ま…

被災3県の震災関連死、2200人を超える

福島県の震災関連死が1000人を超えたことが報道された。【関連エントリー】 東日本大震災における震災関連死に関する報告(2012年9月9日) 東日本大震災で、福島県の災害関連死者数が1104人(9月14日現在)に上ることが3日、県の調べで分かった。宮…

福島県では国保一部負担金免除打ち切りへ

岩手県、宮城県では全ての自治体で自治体国保の一部負担金が来年3月末まで免除となる。一方、福島県では、原発事故警戒区域以外の多くの自治体で打ち切りになることになった。【関連エントリー】 東日本大震災被災者窓口負担免除、来年3月末まで延長へ(2012…

岩手・宮城両県の医療費窓口負担減免に関する周回遅れの記事と誤解

岩手・宮城両県の医療費窓口負担減免に関し、毎日新聞が周回遅れの記事を書いていると誤解してしまった。 【関連エントリー】 東日本大震災被災者窓口負担免除、来年3月末まで延長へ(2012年9月18日) 東日本大震災被災者の医療・介護の保険料減免について、…

東日本大震災被災者窓口負担免除、来年3月末まで延長へ

東日本大震災被災者に対する、国の財政支援措置方法の変更に伴い、市町村国保、後期高齢者医療、介護保険の窓口負担の免除打ち切りが危惧されていた。しかし、関係者の努力もあり、宮城県・岩手県では、来年3月まで延長される見込みとなった。【関連エント…

東日本大震災で心血管疾患の救急搬送が増加

東北大学病院 - 循環器内科のグループが、European Heart Journalに、Great East Japan Earthquake Disaster and cardiovascular diseases | European Heart Journal | Oxford Academicという論文を発表した。【関連エントリー】 被災3県における主な死因の…

東日本大震災における震災関連死に関する報告

2012年8月21日、復興庁 | 震災関連死に関する検討会より、東日本大震災における震災関連死に関する報告が出された。【関連エントリー】 震災関連死調査にみる福島県と岩手・宮城県との違い(2012年7月12日) 被災3県における主な死因の推移(2012年6月12日…

東日本大震災被災者窓口負担免除、実質的に打ち切りへ

東日本大震災被災者に対する、市町村国保、後期高齢者医療、介護保険の窓口負担の免除が、実質的に平成24年9月末で打ち切られる見込みとなった。 厚生労働省から発出した通知(平成24年7月24日)内にある、平成24年10月1日以降の東日本大震災により被災した…

震災関連死調査にみる福島県と岩手・宮城県との違い

復興庁 | 震災関連死に関する検討会(第2回)[平成24年7月12日]が開催された。【関連エントリー】 災害弔慰金、災害障害見舞金の適応となる状態(2011年7月5日) 宮城県の震災関連死数公表(2012年3月21日) さまざまな資料が提出されている。資料1 「東…

難治性誤嚥性肺炎である医療・介護関連肺炎は他の肺炎とは別物

先日、日本老年医学会に参加したとき、「わが国で増え続けている肺炎死亡率を改善するために−高齢者肺炎と新たな肺炎診療ガイドライン−」というランチョンセミナーに参加した。【関連エントリー】 死因統計で肺炎が脳血管疾患を上回り第3位へ(2012年6月7日…

被災3県における主な死因の推移

東日本大震災で多大な被害がでた岩手・宮城・福島の死因統計の推移を調べてみた。【関連エントリー】 死因統計で肺炎が脳血管疾患を上回り第3位へ(2012年6月7日) 宮城県の震災関連死数公表(2012年3月21日) 使用したのは、先日公表されたばかりの平成23…

死因統計で肺炎が脳血管疾患を上回り第3位へ

平成23年人口動態統計月報年計(概数)の概況|厚生労働省が公表された。死因統計では、肺炎が脳卒中を上回り第3位となった。【関連エントリー】 人口動態統計死因順位で老衰が躍進(2010年10月5日) 「不慮の事故死亡統計」にみる転倒・転落、窒息対策の重…

結核医療に係る地域連携会議

先日、「結核医療に係る地域連携会議」に参加してきた。 平成22年結核登録者情報調査年報集計結果(概況)|厚生労働省と比べてみると、宮城県は次のような特徴がある。 (全国)新登録結核患者数 23,261人 罹患率(人口10万人対の新登録結核患者数) 18.2 (…

被災者医療費自己負担分免除措置延長に関する通知を確認

被災地の医療費自己負担免除は2月末で終了?(2012年2月6日)に関する続報。 東日本大震災に関する情報:お知らせ - 全日本病院協会内に、2012.02.01 ●東北地方太平洋沖地震及び長野県北部の地震による被災者に係る一部負担金等の取扱いについて(その12)…

被災地の医療費自己負担免除は2月末で終了?

入院中の患者より、医療費についての相談があった。これまで医療費自己負担が免除されていたが、今月末で措置が終了するので心配とのことだった。 東日本大震災関連情報、医療保険について|厚生労働省に詳しい情報がある。 平成23年7月1日以降は、原則とし…

リハビリテーション見直しの影響調査結果概要にみる厚労省の執念

中央社会保険医療協議会 総会 (第202回) 議事次第 |厚生労働省(平成23年10月26日)内にある資料(総−5−3)(PDF:740KB)に、診療報酬改定結果検証に係る調査(平成22年度調査) 回復期リハビリテーションにおける質の評価、がん患者リハビリテ…

中央社会保険医療協議会と介護給付費分科会との打ち合わせ会

厚労省のホームページに、中央社会保険医療協議会と介護給付費分科会との打ち合わせ会 |厚生労働省がアップされた。議題は、医療と介護の同時改定に向けて(意見交換)とだけある。 診療報酬と介護報酬の同時改定に向けて、資料−1(PDF:2455KB)の3.論点…

東日本大震災で8割の病院が被災

東日本大震災が医療機関に与えた影響が、第18回社会保障審議会医療部会資料(平成23年6月8日)の資料1 東日本大震災等に係る状況全体版(PDF:4870KB)に載っている。 東日本大震災における医療分野の特徴及び検討課題について ○ 地震より津波の影響が大きく…

人口動態統計死因順位で老衰が躍進

厚生労働省:平成21年人口動態統計(確定数)の概況が、9月2日に公表された。第6表 性別にみた死因順位(第10位まで)別死亡数・死亡率(人口10万対)・構成割合にて平成21年と20年の死因順位をみると、第1位悪性新生物、第2位心疾患、第3位脳血管疾患、…

HTLV-1特命チームの発足の背景

‚g‚s‚k‚u|‚P“Á–½ƒ`[ƒ€が発足し、活動を始めた。 仙谷官房長官の記者会見では、背景について次のように説明された。 1点、報告をいたします。今日2時から、まだ日本ではほとんど人口に膾炙していないHTLV‐1というウイルスがございます。縄文時代から…

自殺未遂は精神疾患起因と判断しろという厚生労働省の通知

自殺未遂には健康保険が適用されないことになっている。このことに関して、2010年5月28日、厚生労働省から自殺未遂による傷病に係る保険給付等について |報道発表資料|厚生労働省という通知が出された。【関連エントリー】 自殺未遂には健康保険が適用され…

ビスホスホネート製剤使用上の注意

ビスホスホネート製剤の添付文書「使用上の注意」において、重要な改訂があった。 フォサマック®錠35mg 添付文書情報(PDF)をみると、次のように記載が変更されている。 2.重要な基本的注意 (1)〜(5)略(変更なし) (6)本剤を含むビスホスホネート…

医療の質の公表事業

医療の質の公表事業が進められている。「厚生労働省:平成22年度医療の質の評価・公表等推進事業の申請受付について」(PDF:222KB)をみると、次のような記載がある。 2.本事業で実施すべき事業内容 臨床指標を選定し、協力病院の臨床データを収集・分析し…